« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

ドライブレコーダーアプリ

BMWの純正アクセサリーカタログにも、ドライブレコーダーがラインナップされている昨今、

付けた方がいいのはわかっていますが、

タイミングを逃していました。

外車なので、取付の工賃も高いし・・・

ってことで

Blog0001_6

ドライブレコーダーのアプリを買ってみました。

http://multidriverecorder.blogspot.jp

600円でした。

常時録画も可能で、

衝撃を受けたときに前後一分の録画、

衝撃度の設定も出来ます。

GPSも使えて、撮影場所の記録も行われています。

速度表示(参考程度ですけど)も、表示されています。

基本的に、iPhoneのカメラを利用しますので、

広角ではないですけど、まぁ我慢できるレベルかな。

リヒターのiPhone4S用のホルダーには付きませんけど

外付けのレンズなんかも有効かと思います。

取付は、これまたRichter (リヒター) の

リヒター・スイベルサクション・ミニ 4QF

これで、フロントガラスに装着します。

Img_1410

かなりがっちりくっついてくれます。

ビクともしません。

暫定で運用して、場所が決まったら配線ルートを決めようかと思います。

電源供給用にAmazonベーシックのケーブル。

Doc用1mと、USB延長のケーブル。色も黒で、車載にはぴったり。

アマゾンロゴも向きの目印になって便利。

Blog1

そして、サンワの3D USB アダプター。

サンワサプライ 3DUSBアダプタ AD-3DUSB8

これで、ふたがしまる。

数日使用してみて、電池の減りが激しいので、

給電しながらの運用を決定しました。

アプリ自体の使い勝手はまったくもって問題なし。

必要にして十分な感じでした。

続きを読む "ドライブレコーダーアプリ"

| | コメント (0)

E90にiPad miniを搭載

やはり、走行中にDVDを再生できない純正ナビは、子供にとって退屈なようで
走行中の、DVD再生が急務でした。
基本思想として運転を妨げない、キャンセラー等の純正のシステムに割り込まない
ってことを考えていました。
とりあえず、キャンセラーだと、10万円以上の出費は必須。
さらに、別でDVDプレーヤーがいる場合もあったりして
現実的に実現不可能。
仮に、それをやったとして、
純正の位置で放映しても運転席以外の人からは、
イマイチ見にくい気がします。
そこで、思いついたのが iPad
後席は、現在純正でも設定がある、
純正iPadホルダーを使用すればいいと思いますが、
助手席からの視聴となった場合、
それはちょっと意味が無いですね。
結局、前車のE46の時の、オンダッシュ社外ナビ最強ってことになります。
じゃ、それに近い位置にiPadを取り付ければいいんジャマイカ?
ってなるんですけど
あの、何か落としたら、確実に凹むMスポ内装に、
重量級のiPadを搭載するほどの勇気はありません。
そこで、iPad miniの登場ですよ。
実物を電気量販店にて確認すると、iPadより全然軽い。
そして、サイズも車載向きです。
ということで、Apple StoreでiPad miniをポチ。
iTunesとの連携を考えて、
ついでに(?)、 Mac book Pro Retina 15をポチw
で、実現したのが、これ。

Img_1442

ギリギリ運転席側のドリンクホルダーを邪魔しない位置に取り付け可能です。
ホルダーは、リヒターの物。
がっちり取り付け可能です。
最初、サンワのゲル真空吸盤のタイプを考えたのですが、
ゲル素材の残留と、もしもの時の落下を考えて、
Richter (リヒター)の物にしました。
 
リヒター・ベント・マウント 4QF
懐かしの、エアコンホルダーに取り付ける物です。
これに、
リヒターの
ミニ・タブレット・グリッパー2
の組み合わせです。

Img_1443

一応、ハザードやロック解除などのスイッチにはアクセス可能

Img_1445

つけ直しや、取り付け位置移動には、

テイクアウトのカフェとかにおいてある、木製のマドラーが役に立つ。

Img_1446

iPad miniを使わないときは、こんな感じ。

ワンタッチで取り外し可能ですので、便利ですね。

Img_1408

音声については、最初ケーブルでAUX接続・・・と考えたのですが

ベルキンのBluetooth受信機にしました。

BELKIN Air Cast Auto Bluetooth トランスミッター

これは、なかなかの物で、この位置で受信可能なだけではなく、

エンジンオフで、解除。

エンジンオン後は、長押しで起動し

ペアリングが終わっている機器であれば、

もう一度押せばそのまま接続します。

あとは、AUXに切り替えてあげればOK

これもidriveのショートカットに設定しておけば便利です。

気になる、iPad miniの電池の持ちですが、
ちょっとしたドライブであれば、全く問題なし。
今のところ、電源ケーブル接続なしでの運用中です。
車だけでなく、車以外でもつかえるiPad miniは、
我が家でも評価が高いですね。

続きを読む "E90にiPad miniを搭載"

| | コメント (2)

秩父鉄道車両公園

秩父鉄道 三峰口駅 に併設されている、秩父鉄道車両公園

Blog_042_3

規模、広さ、保存状態どれをとっても今の基準では、

あんまりな感じですが、全体的な雰囲気でいい感じになってますね。

Blog_027_2

デキ 自由に中に入ることができます。

Blog_026

かつて、セメント袋を運んだ貨車たちも

中に入ることができます。

Blog_028

電気機関車のワイパーを動かす。

これは、子供たちに大人気でした。

Blog_037

Blog_038

現役から離れると、すぐに枯れ始めます。

室内型の最新の鉄道博物館には無い、物悲しい感じがありますね。

でも、子供たちにとっては、とても楽しい空間だったりします。

Blog_027

続きを読む "秩父鉄道車両公園"

| | コメント (0)

2013年4月28日 (日)

河口湖駅でフジサン特急

富士急行線の終着駅、河口湖駅に行ってきました。

目的はコレ!

Blog_010

フジサン特急!
さすがのインパクトです。下調べして行かなかったのですが、
ちょうどいいタイミングで見ることができました。

Blog_009

駅前には、大きな駐車場があり、

そこを利用しました。

おっと、もいちくんの豆知識によると古いレールが

Blog_008

コレですね!昔は古いレールは駅のホームとかの柱としてよく使われていましたね
中央線の線路脇の柵にも古い線路が使われていますね。
しかし、これは古いですねー
1885年ですって。

Blog_007

6000系
Blog_012
1000系

Blog_011

駐車場には モ 1型がいます
ウチの坊主は、「江の電がいる!」ってびっくりしていましたw

続きを読む "河口湖駅でフジサン特急"

| | コメント (0)

東京貨物ターミナル

Blog_002

東京貨物ターミナルにいってきました。

橋の上から見学です。

とりあえず、車両センター側のN700Aを見学。

で、貨物側へ歩いていくと、

Blog_003_2

お! HD300-1じゃないですか!

Blog_004

四角いハイブリッド車両は、入れ替え作業に精を出していました。

Blog_005

ウチの坊主も、撮影。

ほかに901もいました。

Blog_006

ほとんどの、親子連れは、新幹線を見ていましたが、

ウチみたいな、貨物好きな子供を持った人たちが

こっちの方を見学していましたね。

羽田空港も近くて、飛行機もたくさん飛んでいますので

乗り物好きにはいいポイントじゃないでしょうかね。

続きを読む "東京貨物ターミナル"

| | コメント (0)

BMW 純正ホィール用タッチペン

Blog0001_4

以前購入した、BMW純正ホィール用タッチペン。

ベース色用のシルバーと、保護用のクリアの2種類の構成です。

Blog0001_5

中古で買ったホィールの塗装はげに。

適当に塗り塗りw

本当は面相筆とかでちゃんとやるのがいいんでしょうけど

ま、いいとします。

続きを読む "BMW 純正ホィール用タッチペン"

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

フィールダー30万キロ

1366729813547.jpg
30万キロ越え
久しぶりに営業車のフィールダーに乗り込む機会がありました。なんと30万キロ越え!
高速道路利用が主なんですが、これは凄いなー
乗った感じも違和感ないね
一体どこまでもつのか興味深いですね。

| | コメント (2)

2013年4月 1日 (月)

まな板を削りに出した

木製のまな板が、長年の使用により老朽。

魚を卸して、皮を引いたときに上手く行かないことや、

野菜を切っていてつながっちゃうこともあり、前々から

まな板削らないとなぁと思っていましたが、

やーーっと、やりました。

近くのホームセンターに、木材カットコーナーがあるのですが

そこのメニューにまた板ってのがあって

そこに持ち込みました。

Img_12041
いやあ、かなりスッキリ。

かなり厚さがあるまな板でしたが、真ん中部分の減りがひどく

そこに合わせる形で、電動カンナで、ビューー。

かなり軽量になってしまいましたが、綺麗なまな板に生まれ変わりました。

丁寧に、何度も機械に通してもらって、たった200円。

ありがたい事です。

これで、あと何年も使えると思うと感謝の気持ちで一杯です。

| | コメント (0)

プラレールDD51重連化改造

Img_3478
プラレールで遊んでいる子供なら、一度は思う(?)DD51の重連化。

Img_3477

最近、ウチの坊主が輪ゴムやらそういった類の物で重連化を計ろうとするので

なんか考えてやろうと、とりあえずDD51を買ってきました。

どうも、テープとか輪ゴムとか接着剤で部品くっつけるのは流儀に反するのです。

連結部品は消耗品なので、交換しやすさも考慮したいし・・・・

Img_3481

ということで、ちょっと加工してみました。

まず、DD51の手すり下部分にある出っ張りを

カッターでホジホジして、棒ヤスリで仕上げます。

その辺に転がってたアルミの板に、M3のタップをたてて、

適当な大きさに切り出した物を作成。

デッキ部分の上部にバカ穴を2発あけて、

板の下に5mmのスペーサー(これもその辺にあったやつ)をかまして、

出来上がり。

Img_3482

そのままだと、連結部品がかなり垂れ下がるので、

スポンジを内部上面に貼り付けてあります。

Img_3480

M3のなべ小ネジの頭が目立ちますので、気が向いたらなんかするかもしれませんが、

とりあえず、問題なし。

Img_3479

とりあえず、実用には耐えているようで、問題なく使えています。

Img_3483

両方動かすと、さすがにシンクロしないようで、先頭車に引っ張ってもらう遊び方になりますが、

見た目的に、かなり雰囲気がでますので、坊主には好評です。

プッシュプル編成でも遊んでいました

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »