« ( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━トミカ40年記(上) | トップページ | #18 Chrysler Jeep WRANGLER »

2010年1月31日 (日)

クーラントとギアオイルとキャブ清掃

たまに、電話があって「水温が下がらない」とか

「クラッチが切れない」とか言われるので

本日メンテ。1KT(2XT仕様)は、ひっさびさに手が入ります。

まず、クーラントが入っていない。ドレン外して、

ホース突っ込んでじゃぶじゃぶ洗ってしまいます。

さらに、リザーバータンクとの経路も汚れカスで詰まっていたので

通してあげて・・・っと。そういえば、リザーバータンクのフタが無い・・

しょうがないので、RZ250R(29Lというか51L)のリザーバータンクのフタを

拝借。とりあえずそれで代用。

で、とりあえず息を吹き返し、さわやかなヤマハ2ストロークサウンドを奏でさせましたが。

気になっていた、ギアオイルレベル確認用の窓が白く曇っている・・・

ドレンボルトを外すとですね、

Img00130201001311542

バリウムみたいな奴が・・・

おぉぉおおお!なんじゃこりゃ。ギアオイルが!

ってことで、全量交換。しても、やはり残りますね

何回かに分けて交換します。しかし、この白濁の理由を探さなくては。

ウォーターポンプとかのシールかなぁ・・・なにしろ古いからなぁ。

とりあえず、交換して様子見です。

いざとなったら、2XTエンジンの予備もありますし何とかはなるんですけど。

Img00133201001311650

はい、気分転換に、盗難帰りのRZ250Rに用意していた外装を装着。

珍しい赤い350カラーの250バージョンなのですよ。

赤い29Lは、あんまり見ないので新鮮です。

Img00134201001311650

復活ののろしを上げる日は近い・・・かな?

|

« ( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━トミカ40年記(上) | トップページ | #18 Chrysler Jeep WRANGLER »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━トミカ40年記(上) | トップページ | #18 Chrysler Jeep WRANGLER »