« スチールベルトクーラーはE46のトランクに収まるのか | トップページ | 直営店 »

2009年8月 2日 (日)

フィールダー日記  日本車のポテンシャル

Sn376380

2005年式トヨタ カローラフィールダー 1.5X。

走行・・・・・226,195kmかぁ・・・・・。スゲェ。

最初の車検で15万キロ超えた個体だってのは知ってたけど。

まさかここまで走っているとは。基本、オイル交換などの整備だけで

OHのレベルの整備は行っていないので、エンジンの耐久性と

言って良いでしょうね。ベンツやBMはメンテさえすれば20万キロ走る

とか聞いたことあるけど、実際所有すると“メンテさえすれば”ってレベルが

国産とは次元が違うことがわかる。

かなり特殊な使われかただけど、白煙ひとつ出ないのは立派。

乗ってみての感想は、エンジンのフィーリングはごくごく普通。

10万キロ辺りでショックのみカヤバに変えられた足回りは、かなりへたってた。

この辺をリフレッシュすると新車の乗り味(たいした乗り味じゃないけど)が戻るかどうか。

一体、どれくらい走るのか普通に興味がわいた。30は行くと思うね。

|

« スチールベルトクーラーはE46のトランクに収まるのか | トップページ | 直営店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スチールベルトクーラーはE46のトランクに収まるのか | トップページ | 直営店 »