« コーションランプ | トップページ | 前を走るクルマ »

2009年8月30日 (日)

LEVI'S Denim Jacket 557XX

夏のうちに、不景気のうちにってことで、ジージャンをオクにて物色中。

今度はサードを入手。557はセカンドのあと、1962年から1966年まで製造されたモデル。

1962年頃のセカンド寄りの初期557XX(パッチにXX有り。さらに初期はファースト・セカンド同様にEvery Garment Guaranteedの表記有り )と1965年頃から70505に移行する直前までの後期557(パッチにXX無し)と大きく2つに分けることが出来ます。

Blog7853_2

落札金額としては、幸運にも7000円。まさに幸運でした。

デニムジャケット自体、不人気な今日この頃なのでタイミング的にもよかったかな。

色も、良い感じに残っていますね。目立ったダメージは襟と肩ですかね。

Blog7864_2

背中は綺麗なモンです。

サイズは、着丈59、身幅49、肩幅45、袖丈(脇より)47cm。

大体、38か40くらいかと。ピッタリサイズよりはちょっと大きめです。

袖が長め。とはいってもバイクなど腕を伸ばした状態ではちょうど良い程度。

Blog7860_2

XXデニムな感じですね。ガッサガサな感じが良い雰囲気です。

これは良い。マニアにはたまらないですね。

Blog7857_2

Big-Eタブです。Vは両側太いV70505初期まで続きます。

糸はすべて黄色い綿糸です。

Blog7858_2

ポケットのフラップ裏はシャンブレーっぽい薄地のデニムです。

このディテールからすると、557XXと言って良いでしょうね

どうやら良い買い物をしたようです。

Blog7859_2

ボタン裏刻印は、17。

Blog7861_2

腰のアジャストボタンは間隔が狭い。

このディテールも、初期の557XX。

なんか、パッチこそ無いので確証は得られませんが

どうも、初期557XXギャラ入りモデルの可能性が高いです

となると、デニム自体もファースト・セカンドと同じXXデニムですよね。

とすると、1962年頃のモデルということになります。

Blog7856

袖のステッチも袖のパーツからはみ出て止まってますね

これも初期の557XXのディテールです。ボタンは銅製。

Blog7862_2

腰回りのステッチは上がチェーン、下がシングル。

各パーツから推測すると、1962年頃の557XX。

さらに、ギャラ入りのモデルっぽいですね。

色落ちなど見てもXXデニムなのは間違いなさそうです

サイズ的には許容範囲なので、これはとても良い買い物だったと思う。

デザイン的には、普遍のモデルなので長いこと着られそうですね。

|

« コーションランプ | トップページ | 前を走るクルマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コーションランプ | トップページ | 前を走るクルマ »