« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月26日 (日)

シューツリーとか

靴は結構好きなんですけど、

スニーカーやブーツの類は大好きで金を惜しまないんですが、

こと、ビジネスシューズは迷走してばかり。

オールデンとかの雑誌に出ているような靴は

高くて買えないし、収入から行くと分不相応な感じ。

でも、安っすい特売の1万円位の靴を買っても、

最初は良いと思っても足に合わなかったり、

すぐ痛んじゃったりして、なんだかなぁ。と言う感じになる。

大昔にディスカウントで買った、タケオキクチの靴とかは

穴が空くまで履けました。安くて良い靴でした。

あと、成人式に(いつの話だ(´ヘ`;))親から買ってもらったリーガルの靴は

いまだ現役。これは丈夫で優秀。

でも、やっぱり1万円~3万円の間の靴が良いですよね。

それ以上は、雨とか降ったら泣いちゃいます。

で、最近お気に入りのスコッチグレイン。

Blog2449

御殿場のアウトレットで買ってもらった

この、匠のH9046。

これは、良い靴でした。

値段以上の価値はあります。

スコッチは気に入って、雨用の奴を含めて2足買い足しました。

もちろん、靴は文句なく良いんですけど

↓これ。スコッチグレインのシューキーパー。

Blog2448

これが良い。

気に入って、今ある他の靴用にも買い足しました。

プラスチック製ですが、しっかりした作りです。

しかも、1050円。

レッドシダーの方も、使ってみたいなぁ。

■スコッチグレイン SCOTCH GRAIN シューキーパー Mサイズ SHOEKP-M

■スコッチグレイン SCOTCH GRAIN レッドシダーシューキーパー SHOEKP-R

| | コメント (0)

2008年10月25日 (土)

LEVI'S 501 BIG E (34 x 34推定)

唯一所有しているビンテージリーバイス。

空前のビンテージジーンズブームの時に、

ブームに乗っかって買った一本。

とっても高かった。今の相場を見ると悔やまれますが・・・

い、いいえ?悔やんでなんかいません。

そのころはXXなんて絶対に手が出ない価格帯で、

せめてBIG E をということで選び抜いた一本です。

今ならXX買えますね。たぶん。

ま、状態の良い本物を一本持っていれば、

ほかに高価なジーンズを収集する気が起きないだろうと

踏んで買ったのもあるので、結果的には良かったのでしょう。

自分の中ではかなり高価な部類にはいるので、

出動回数は低いです。

ああ。

Blog2340

サイズは34x34位で、ワタシにとってベスト中のベスト。

穿いたときの感じは、なんとも言えない感じがあります。

Blog2341

歴史を感じさせるトップボタン。

とはいえ、ビンテージの部類で言うと

一番新しい部類です。威張って言えた物ではありません。

Blog2347

ボタン裏は 6 

平行ステッチです

小さいボタンの方は、Rの足が長い

古いボタンです。

Blog2342

良い感じに色落ちしてますね。

Blog2355

ポケット裏はチェーンステッチ。ミミはありません。

Blog2348

所々、黄色い糸があって古いのかな?

とわくわくさせられます。なんのこっちゃ。

リベット裏はアルミです。

Blog2349

バックポケット。

破れ無しの良い状態です。

Blog2350

ビッグ E 。Vは右側が細いタイプ。

Blog2352

ポケット裏はシングルステッチ。

Blog2353

紙パッチは健在。

但し、モデル等はすっかり消え失せてしまって

読み取り不可能。

但し、新しいタイプの紙パッチなので

後期のモデルなんでしょうね。きっと。

Blog2346

裾はチェーン。ミミも良い幅です。

Blog2354

ホントに目立ったダメージもないし、

色も良い。お気に入りです。

Blog2343

この雰囲気は、デッドストックを穿き込んでも難しいでしょうね。

古着ならではです。

Blog2344

ポツポツと穴はありますが、気にならない程度。

美しい色落ちです。

Blog2345

特に気に入ってるのが、膝下。

ここが色濃く残っていると格好良いですよね。

ミミのアタリも良いですよね。

自分の中では文句ない一本。

あ、でも安かったらXX欲しいな。←懲りてない(;・∀・)

| | コメント (2)

DENIME モデル不明(66?)

千駄ヶ谷のドゥニームで購入。

いつ買ったかは忘れました。結構前。

たぶん、66モデルとかそんな感じだと思う。

Blog2325

ウオッシュかかった見本でレングスとかサイズ決めて、

リジッドで買った。

店の中にドラム式洗濯機があって印象的だったな。

さわった感じは抜群に良い。

あらためて、このデニムのよさを感じた。

XXモデルで、もっと大きめのモデルを買えば良かったと悔やまれる。

30インチでジャストサイズ過ぎるので品が良すぎるんだよな。

Blog2326

ボタンもリーバイス風。細かいところまで良くできてます。

スゴイよね。

Blog2327

ビンテージ風の作り。

Blog2328

リベットも丁寧な印象。良いです。

Blog2330

裏はアルミで、ビンテージっぽいね。

Blog2331

トップボタン裏は無印。

Blog2333

ポケットはおなじみのステッチなし。

今見ると、ユニクロっぽいか?

Blog2334

紙パッチ

一応、LOT とかW Lとかあるんですけど

最初からなんにも記載なし。

Blog2335

バックポケット裏に洗濯表示タグ。

これはジャマ。しょうがないけど・・・しょうがないのか。

Blog2336

幅と良い、アタリといい抜群のミミ。

裾は、チェーン。うれしいですね。

Blog2339

あらためて、ドゥニームのポテンシャルを確認。

友人曰く、デニムは良いんだが耐久性が無い。

とのこと。

そうなんだ。まだそこまで穿きこんでないからね。

これはこれで、色落ちもソコソコに上品にジャストサイズ履きで

行こうかなと。

ということで、無理に色落ちさせない作戦です。

| | コメント (0)

EDWIN 1550 ブーツカット

唯一持っているエドウィンのデニム。

しかも、これは履いたことがありません。

Blog2310

ブーツカットのモデルで、タグによると

1550というモデルです。

これ、実は小学校低学年から本人が亡くなる大学1年くらいかなぁ

それくらいまで仲が良かった友達の形見なんですヨ。

Blog2324

控えめなブーツカットのシルエット。

本人曰く、ずいぶん裾上げしたとのこだったので、

実際のシルエットの美味しい部分は無いかもしれません。

無理してサイズ小さめをはいてたので、

腿がピチピチだったのを覚えています。

あー懐かしいなぁ。

ということで、とっても大事な一本です。

Blog2313

トップボタンは  501風のエドウィン仕立て。

Blog2311

ポケット周りもごくごく普通の印象ですね。

Blog2314

リベットは EDWIN CO,LTDとなってます。

Blog2323

裏を見るとSCOVILリベットだとわかります。

Blog2315

生地は、ちょっと縦落ち気味。

Blog2312

内側はシングル。ビンテージ風ですね。

Blog2316

ブーツカットなのでZIP。EDWINの刻印があります。

格好良いデザインです。

Blog2317

裏には5YGと。

Blog2318

おなじみWのステッチ。仕上がりも丁寧な印象。

というより、501が様々過ぎるのでしょう。

Blog2319

リーバイスとは逆側にあるタブ。

Blog2320

紙パッチにはモデル名やサイズなどの表記はないですね。

Blog2321

内側に、LOT 1550 とあります。

サイズ表記も W76 H93とウエスト・ヒップがcm表記であります。

Blog2322

貴重なモデルでもないですが、思い出一杯の一本。

これを穿いて、一緒に出かけた時の事を思い出すなぁ。

本当に生きていて欲しかった人です。

未だに残念。健康には気をつけましょう。

| | コメント (0)

LEVI'S 501 レギュラー (33 X36)

これも中途半端に穿いてしまい込んでいた501。

またしても何の変哲もないレギュラー。

Blog2299

状態も良く、まだまだ穿けそうです。

色は、レギュラーなので仕方ないですが、

ぼんやりした感じですね。

Blog2301

トップボタンはこんな感じ。

綺麗です。

Blog2302

511と刻印されています。

Blog2300

いわゆる、コーティングされているリベット。

変色とか、錆は無いですね。

Blog2304

裏は銅。ここも状態は良いです。

Blog2305

アメリカ生産ですね。

Blog2306

裏です。

Blog2307

ポケット周り。タブもスモールe。当たり前です。

Blog2308

ティアオフは切られていますね。

Blog2309

割りシームもこんな感じ。

ぞんざいな感じです(´ヘ`;)

ま、役目果たしてれば良いですけどね。

| | コメント (0)

2008年10月24日 (金)

LEVI'S 501 レギュラー (32 X 36)

たいがいバイクいじるときに穿いてた奴。

おかげで、ボロボロ。オイル染みだらけ。

Blog2288

膝もバンバン着くし、な~んにも気を遣わず穿きました。

普通に汗だくなのでその都度洗濯。

Blog2289

薄くなって、しゃがんだときに破れました。

Blog2290

写真に撮るとまぁまぁな感じですが、

ヨレヨレです。

Blog2291

色も薄くなってますね。

Blog2292

汗なのか、銅リベットも変色。

良い感じですね。

Blog2293

トップボタンは綺麗。

鈍い光を放ってますな。

Blog2294

平行物。でしょう。

たぶん、山積みの奴を買ったんでしょう。

良く覚えていません。

Blog2295

トップボタン裏は544と刻印。

それに伴い、 544 0194~と刺繍。

買ったときから36インチのレングスは無いと思う。

不思議。

Blog2296

うん。いわゆるレギュラーの古着チックですね。

Blog2297

紙パッチは、501XXとスタンプ。

Blog2298

割りシームも控えめな感じ。工場差なのかなんなのか。

こうして比較してみると色々ですな。

| | コメント (0)

LEVI'S 501 レギュラー (30 x 36)

いつか忘れたが、結構前に買ったと思われる501。

入手時期不明。忘れた。

結婚するときに纏めた荷物の中に入っていた。

Blog2276

色もほとんど落ちていない。膝だけ落ちてるね。

ということは、部屋メインで穿いたのかね。

Blog2278

トップボタンはこんな感じ

とっても綺麗。

Blog2279

ボタン裏は501と刻印。

へぇーーー。色々検索すると、

501と刻印されたのは偽物っていう記事もヒットするね。

なるほど、でもこれはどうなんだろ。

Blog2277

コインポケットとかも普通だね

Blog2281

リベット裏も銅です。ま、何の変哲もないレギュラー。

Blog2282

一応、ジャパン物。ということですか。

Blog2283

ん~、偽物ってことは無いようですけど。

一番なんてことない時代のレギュラーですし、

501という刻印のレギュラー501もあったってことですかね。

Blog2284

紙パッチもティアオフタグ付き。

特に怪しい点はないです。

っていうか、買った場所とか覚えてない。

もしかして、ワタシが買ったんじゃないかも。

兄弟の誰か??

Blog2285

ポケット。さすがにちょっとアタリがでてますね。

Blog2286

赤タグも新品のように健在。

Blog2287

割りシーム。ステッチ部分が大きい感じ。

これも工場差?

30インチって事もあって、

最近ほとんど穿くことも無く、死蔵。

というか、

ま、老いゆく将来のために保存ですな。

| | コメント (2)

2008年10月21日 (火)

昼休み作業5

幸運にも今日は偶然作業が出来た。

キャリパーの掃除の続きと、

キャブレターの分解清掃にかかる。

Sn372609

いつも思うけど、キャブレターの造形って美しいよね。

各部の動作を確認して、エアーを通す。

外観の清掃とかは次回ですな。

WGP125CCも2011年には4ストローク600CC化するし、

2ストロークの命運は・・・・。

だけに、この趣味性の高いRZ250Rを手にしていたい。

できればサーキットで。

思いは膨らむけど、資金との相談だね。

出来る範囲で最大の楽しみを得たい。

あー、どっかの漫画じゃないけど、

十代の煌めきを だね。

| | コメント (0)

さよならフィールダー

異動って事で、我が僚友フィールダー君ともお別れ。

Sn372613

実に。3年で12万3822Km走破。

さよならといっても管理下から離れるだけですが。

廃車になるわけでは無い。

入社してから、

最初は、W10アベニール。

SR18を積んだモデル。大きくって立派だけど、

フロントのトラクションが足らず、雨の日の料金所は

タイヤが空転しまくって面白かった。

でもダメだよね。

ロールの仕方が怖かったな。

エンジンも、ガーーーーーーーって言うだけで

ちっとも走らないエンジンでした。内装もイマイチでしたね。

ただ、積載量はかなりありました。

次は、P11プリメーラワゴン。

これは、アベニールの次だったからかもしれませんが

良いクルマだと感じました。特に足回りが良い感じでした。

エンジンは、QG18。ごくごく普通の感じでしたが、

このころから意識しだしたECOっていうランプがインパネにあって、

アクセルをパーシャルにするだけで点くのでうっとうしかったな。

短くて取り回しが良くなった分、カーゴルームは狭くなりました。

燃費もECOってランプがあるわりに全然よくなかったですね。

ワタシの個体だけブレーキのフィーリングが悪かった思い出があります。

内装は、悪い時代の日産。何の魅力もなく初代プリメーラの

名前だけで存在するクルマでした。

で、そのあとがこのフィールダー。

今までの中では燃費良いですね。

壊れない!みたいな印象のトヨタですが、

よく考えると、アベニールとプリメーラより

このフィールダーの方が不具合は多かった。

今日もエアコンがキリキリキリキリ言い出した。

内気循環と外気導入切り替えると音が変わる。

たぶんブロワーモーターでしょう。たまに、くっさい生温い風がでるので

他にもなんかありそうですね。

良いけど良くない。良いような悪いような。

これでいいような、これじゃだめなような。

なぜかそんな印象の変な感じのクルマです。

どのクルマも最低でも10万キロは乗ったけど、

どれも乗ってるあいだは機関がこわれるっていう印象無かったな。

これで、初の管理している社有車が無い生活になる。

さみしいよな~。

フィールダーくん。ありがとうね。

| | コメント (0)

2008年10月13日 (月)

ALL10%OFF

体調不良と子育てのさなかのタイミングの悪さで

まったく髪の毛切ってなかったので、

なんとかヨメに頼み込んで、切りに行きました。

ま、一人でクルマで出かけたのも久しぶりだったので

バイク用品店へ。

Sn372590

バイク用品店周辺は、やはりバイクが集まる場所なので

最新型のドカティとかもガチャガチャ言わせながら

走ってます。

Sn372589_2

はい、とうちゃーく。

たまにDMが来るので

そのタイミングで買いに来ます。

今日は、ブレーキパッドを。

Sn372591

在庫の関係で、またまた、デイトナの赤パッド。

ま、とりあえずこれで。

物が高くなってますので、定番物は安いときに

買っとくのが吉。

| | コメント (0)

2008年10月11日 (土)

昼休み作業4

昼休み作業2で一旦洗って、綺麗にしたので、

中身を掃除します。

ピンセットで、シールを除去し、

シールがはまってた溝を掃除。

小さい-ドライバーとか、けがき針等で

こちょこちょして落とします。

Sn372584

うわぁぁぁぁ。

根気よく作業。これまた合計6個あるんですが

これじゃぁ間に合いそうにないな・・・。

Sn372586

ブレーキフルードカスを取れるところまでとって、

ガビガビの部分をピカールでかるーく

ピカらせておしまいにしました。

時間がないので最低限の掃除ですけど、

時間を見つけてやっていこうと思います。

ん~しかし、

錆が進んでて、どうしようもない状態ですね。

ま、83~4年頃のバイク部品。しょうがないです。

実に25年前。旧車ですね。もう立派な。

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

昼休み作業3

今日も昼飯をかっ込んで、作業。

あ~、明日が最終日なのである程度ケリ付けなきゃね。

昨日はキャリパー洗うとこまでだったので、

今日はブレーキピストンを磨きます。

もちろん、磨きはピカール。

ピカールでピカらせてみましょう。

Sn372578

(оДо)ピカー

ピカールの威力は中学校の頃から体験済みです。

30分で6個(対向2ポッド×3個)を磨かなければなりません。

急ぎます。

Sn372579

下の方にあるプライヤーで自ら付けてしまった傷は、

そこにあった誰のか分からない

1000番の耐水ペーパーでならします。

Sn372580

んーーー。傷微妙。

位置は影響なさそうな位置ですが、

深さがまぁまぁ深い。

Sn372581

これもそう。

とりあえず磨き終えましたが、明日は最終日。

キャブレターの掃除。

ブレーキキャリパーとキャブが終われば

始動まであとわずかです。

RZ250Rをストリートに戻すか、

それともZERO2レーサーにするか。

悩むところです。

子供産まれたからって、

控えめになる必要ないですよね。

おっと、そんな事言う前に働かなきゃね。

| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

昼休み作業2

はい、ちょっと間が空きましたが、

再度昼休み作業。

CRC漬け後でも、エアー攻撃効かず。

よって、プライヤーでつかんで引き抜きます。

対角にちょっとずつ引っ張ります。

ぐぐぐぐう~。

おお。ちょっと出てきた。

ガンバレガンバレ。

と、ようやく抜けました。

Sn372574

ああ、やっぱり傷入ってしまいましたね。

Sn372575

内側は、使用上問題ないのでどうでも良いけど

苦闘のあとが見られます。

Sn372573

ガリガリですね(´ヘ`;)

しかたない。磨いてみて判断します。

Sn372571

キャリパー本体は流しで水洗い後

ガンで水分吹き飛ばし。

ここでタイムアップ。

12時に昼休み始まって

食事終わって歯磨きして12:30。

実作業時間25分ってことですね。

明日も頑張ろう。

明日はピストンを磨きます。

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

昼休み作業

さぁ、物凄く時間が空きましたが作業を行います。

先日より放置状態のRZ250R用キャリパー。

Sn372559

エアーガンである程度ピストンを押し出して割ってみました。

凄く汚い。あああ。

やる気無くなるなぁ。乗りっぱなしで、

盗まれて、放置されて、ブレーキホース盗まれて

んで、放置されて雨入って・・・状態最悪でしょう。

Sn372560

とりあえず、片側のピストンは抜けたんですけど

もう片側は固着。っく~!厳しいぃ~!

ウエスを挟んでプライヤーで引っこ抜きました。

多少傷は入りましたが、ま、仕方ない。

もう片側も全く同じ状態。

こっちは抜ける気配なし。CRC吹いときました。

Sn372561

ギッタギタに汚れているキャブもお掃除。

Sn372562

腐食して、こんなにボロボロ。

どうなんだろ。

とりあえず掃除。

機能さえ果たせば良いんですけどね

あまりに見た目がひどい。

柔らかめのブラシで、こすってガンで吹いて。

こんな時、ガンがあると助かりますね。

っていうか、ガンがあるから

昼休みにこうして、工場で作業しているわけです。

さ、明日も作業出来るかなぁ。

こんなチャンス滅多にないからね。

| | コメント (0)

70スープラ

前を走ってた70スープラ。

70s

見かけなくなりましたね。なにしろ80だって見かけない。

これは2.5ターボR。なつかしい。

友達が乗ってました。

黒い3.0ターボだったんですけどね。

エアロトップで、トップ内に雨水が溜まる

ってんで、振って水出してたら、

うっかり手を滑らせてトップを落としたりしてました。

バイトが終わって、じゃーねーって手を振って見送った直後の

T字路で、ADバンと「ガン!」ってぶつかりました。

じゃーねー (・∀・)ノシ

ぶぉおおおおおお!!!!!!!

ガン!

(;゚д゚)ァ....

って漫画みたいな感じで、ADバンを廃車にしてました。

でも、当たり方なのかADバンは側面ドアからくの字に折れ曲がった

んですけど、スープラは前部を小破したくらい。

もう懲りたのか修理して平塚近辺に売りに行きましたとさ。

で、しばらく適当なクルマ乗ってたんですけど、やっぱり・・

ってことで、白い2,5ツインターボRに乗ってましたね。

 

| | コメント (0)

2008年10月 4日 (土)

もうすっかり2009年シーズンムード

Jpnrace081001006

ストーブリーグも本格化。

インテリによると、もうかなりの動きがあるみたいですね。

ロッシは、ヤマハとの複数年契約を交わしたそうですし、

まだまだ、MOTOGPにて楽しませてくれそうです。

F1と違い、クリーンでスポーツ度の高いMOTOGP。

ロッシのような、強く、格好良く、楽しく、カリスマ性がある

ライダーは、昔からのWGPファンも、今シーズンから見たファンをも

ひきつける魅力を持ってます。ワタシなどは年齢的に中途半端なので、

もてぎで全身ロッシグッズで身を包むようなことはしませんが

一番好きなライダーは?と聞かれたら「ヴァレンティーノ・ロッシ。」

と言わざるを得ませんね。残りレース、また来年度も強いロッシを観たいですね。

さて、最近分かっているところですと、

レプソルホンダからヘイデンがドカティに移籍。

レプソルにチームスコットのドヴィツィオーゾが。

で、レプソルはペドロサとドヴィ。

高橋裕紀がスコットの250からドヴィの後にステップアップ。

ドカティから抜けるマルコ・メランドリがカワサキへ。

スズキはカピロッシとバーミューレンで現状維持。

グレシーニは中野君放出で、エリアスとデ・アンジェリス。しかも、エリアスがファクトリーマシンでデ・アンジェリスがサテライトマシン。へーーーー。

LCRはド・プニエと更新。現状維持。

ってとこかな。

気になるのは、中野君の動向。HRCはもう一台ファクトリーマシンを

用意しているらしいけど、中野君用かわからんね。

中野君が年齢的に厳しいのもわかってる。

もしかしたら、開発ライダーで現役引退?とか、

古巣カワサキに戻る・・・とか?

125ccだと、KTMの小山君が解雇という・・・。

シーズン後期に突然解雇かぁー。さすが125。

アグレッシブさに欠けるという理由らしい。

良い方向に転がると良いんですけど。ちょい心配です。

むかーし、筑波で当時忠男所属だった小山くん。

異次元の走りでした。ほんとーーーーに速かった。

こんど実家で写真発掘してこよっと。

あ、週末はフィリップアイランドだったな。観なきゃ。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »