« 衣替え | トップページ | mini »

2008年3月26日 (水)

REDWING 8268入手

今年に入ってからのレッドウイング熱の最終章ともいえるこの事件。

8875を初売り特価で入手。そして、その流れで大特価でASTM前期2268入手(これは偶然前期)。

残すは、スエードのエンジニアブーツである8268。

しかし、欲しくなって探すと無いモノです。夏に価格改定で値上げするということで、出荷してないんでしょう。街の靴屋に全然無い。

しかも、正規販売店を探そうとするも検索でヒットしないんだよな。なんの作戦だよ。

大手チェーン店の各支店に電話して確認するも欲しいモノ無し。

オクで探して、店に質問するも在庫なし。

というのも、ワタシが探しているのは現行のエンジニアでは無いのです。

現行ASTMは、筒部分が太く、ベルトの位置が高い。見分け方のコツはベロ部分(ベルトの下部分)が短い。

どうしても不格好と感じる現行より、ASTM前期以前の方が欲しい!という探し方しているからです。

個人的な好みでどうしてもASTM前期以前の型を探していたんですけど、プレ値で買いたくないし、中古なんてイヤだし・・・と他のメーカーで探すか。と諦めていたんですけど、

正規店がだめなら、田舎靴屋の在庫ねらうしかないなと思ってたんですけど、、、

ぐ、偶然!!

Boot1

巡り会ったんですよ。

旧型8268。

それは偶然の出会い。

バイク用品店に行ったんですよ。RZ-Rのブレーキパッド買いに。バイク乗りの用途が多いなと思ったので、ウェアー売り場に。

そこに居ました。この子。

展示品現品処分。という札を付けられた US9Dの8268。

20%引きのプライスタグ。ワタシのジャストは8 1/2。しかも正規品。

9かぁ。と思ったのですが、とりあえず履いてみたらそんなに違和感無し。

インソール足せばぴったり。

期末なので。「もう一声!。」値切ったらなんと価格ダウン。

29800円にて入手ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!

Sn371615

し、しかも、

最初に試着する前から気が付いていた、

PT99

PT99

PT99

ぉおおお。PT99。

ASTM前期が見つからないのにPT99。

意外な所に居るモンですな。

色気だして2268の古いのが無いか探したけど、そう甘くはなかった(笑

とりあえず、展示品で箱無し、ちょいすすけた感じありますけど大特価で買えたのでヨシとします。

終業後のヨメちゃんを拾って、報告。

で、帰ってじっくり眺めます。

Sn371617

PT99 8268 スエードエンジニアブーツ。

Sn371618

横に並ぶは、2268のASTM前期。

見た目は同じですな。

Sn371619

ベロ(テング)の部分も同じ。

Sn371620

ま、ASTM前期の2268とPT99の2268と比べれば革に違いはあるでしょうけど、

ASTM前期以前の2268とPT99の8268はデザイン的な違いは無し。

ホント、最近のレッドウイングエンジニアブーツのデザインって酷い。

特に2268はASTM前期を最後にデザインが劣化。

アメリカにおける工業製品として、そして安全靴規格として色々有るのでしょうが、リーバイスみたいにビンテージだなんだと騒ぎになってから復刻するより、人気がある理由を探ってそれを守っていくような製品作りをしたほうがいいんじゃないのぉ?

ぜひとも、今日入手したブーツが消耗した時に同じモノが手に入るようにして欲しいモノです。それがアメリカ製品というモノです。

|

« 衣替え | トップページ | mini »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衣替え | トップページ | mini »