« プリウストラブル終結 | トップページ | 盗難されて、その後。 »

2007年9月 4日 (火)

悲しいです。

 4日午前10時50分ごろ、岡山県美作市滝宮の岡山国際サーキットで、オートバイの練習走行をしていた千葉県流山市松ケ丘4、二輪レーサー、沼田憲保さん(41)が、ヘアピンカーブを曲がりきれずコース脇のタイヤを積み上げたクッションに衝突し、胸などを強く打って死亡した。

 沼田さんは95、96年の全日本選手権GP250のチャンピオン。97、98年には世界選手権GP250に参戦するなど、日本を代表するレーサーとして知られた。【石戸諭】

毎日新聞 2007年9月4日 20時35分

世界選手権で戦い、鈴鹿8耐などにも出てましたね。こんなに危険も安全も理解しているライダーが。あー、マジで悲しいです。大治郎が亡くなった時同様のショックを受けています。

このあいだも、菅生で事故がありました。全日本ST600ランキングトップの奥野さんも意識不明の重体だし、鈴鹿で練習走行中のライダーが死亡するなど不幸な事故が続いています。バイクレースはモータースポーツであり、あくまでスポーツです。命をかけて一か八かするモノではありません。若井、前田、大治郎、沼田。一体何人のライダーを失えば気が付くのでしょう。

タイヤバリアー・・・もうこんなの止めましょうよ。

ミニバイクから世界格式のレースまで同じレースです。サーキット側の安全対策に力を全力で注いで欲しいと思います。バイクメーカーも装備メーカーも同様によろしくお願いします。業界全体で最優先に取り組むべき課題だと思います。

沼田さん格好良かったです。沼田憲保選手のご冥福をお祈りします。

|

« プリウストラブル終結 | トップページ | 盗難されて、その後。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129804/16344466

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいです。:

« プリウストラブル終結 | トップページ | 盗難されて、その後。 »