« オーストラリア製 | トップページ | 優香はあきる野市出身 »

2007年6月20日 (水)

クラシック趣味

女性ユーザーを狙って、各社こぞってクラシック調のクルマを出してた時代がありました。

マーチ、ヴィッツ、オプティ、変に有名になったサンバーディアスなどにもクラシックバージョンがありました。今思うと、それがあるから今のBMW MINIとかがあったりするのかも。とか思ったり。

そんな中の一台。っていうか、たまたま出先で出会っただけですけど(^^;)

スバル ヴィヴィオ ビストロ です。相変わらず取って付けたような顔でなかなか愛嬌があります。

ヴィヴィオ自体が4気筒のしっかりした造りなので走りは問題ないでしょう。名前もⅤ(5)I(1)Ⅴ(5)I(1)O(0)で足すと660になるというナイスネーミング。

これ、女性を中心に結構ヒットしたんですよね。当時のワタシはそういうのを理解する心の余裕なんて無かったんで、(゜Д゜ )ハァ?なモデルでした。

ま、今見ると・・・・・まぁ、その、なんて言うか。慣れたというか。

多分枯れてきたから、良いのかもしれません。

Vivio1

外装はノーマルのヴィヴィオに細部をメッキとか丸灯にしたりとかっていう処理。

軽く覗いたところ、内装は普通のヴィヴィオって感じでした。中もやればいいのに。

Vivio2

で、中でもワタシ的に気になるモデル。

ダイハツ ミラ ジーノ 

この個体は結構新しいですねぇ。ヴィヴィオに比べるとかなり凝った作りです。

一見して、旧ミニのパクリか?と連想させてしまう所ですが、横から見ると判るとおり、

4ドアですし、丸のまんまパクリって事は無いでしょう。ていうか、大昔のクルマはみんなこんな感じでしたよね。まぁその辺はご愛敬ってとこでしょう。

旧ミニの製造が終わった今、この手のスタイルを煩わしい故障などの心配をなしに乗れるってことでは良いのかも。

ライト周りのパネル等の造りも違和感なしです。フォグの位置も良いですね。

Jino1_1

オシリの感じは旧ミニとそっくりですね。こっちはゲートが上がるんでしょうけど。

Jino2

このホィール、純正なんですね。もう、買った瞬間から何も弄るところ無しって感じです。

内装も専用内装で雰囲気あります。ナビも収まっていてスゴイ。2DINが入るんですな。

Jino3

街で、これのミニパトを見るんですが、なかなかの仕上がりなので

いつか写真に納めてみたいです。

|

« オーストラリア製 | トップページ | 優香はあきる野市出身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーストラリア製 | トップページ | 優香はあきる野市出身 »