« デザイン変更の為在庫処分 | トップページ | 磐梯吾妻レークライン »

2006年11月 2日 (木)

磐梯吾妻スカイライン

Yama
Kouyou318

宿を出て、福島飯坂IC近くのフルーツライン(果樹園が沿道に多数)を通過。

高湯温泉を抜けて

磐梯吾妻スカイラインへ。

紅葉も終わりかけかと思いましたが、まだまだ美しい・・・ふぃーー。

途中路肩に停め、紅葉を堪能。さすが平日だけあって、クルマも滅多にすれ違いません。まさに貸し切り状態。

Jyoudodaira318

つばくろ谷を通過、天狗の庭付近です。活火山帯なんでしょうか、火山性ガスが出ているので注意っていう警告もある地帯があったりします。ここまで高地来ると、もう、かなり寒いので紅葉はありません。草木もまばらで、火山による影響と見られる岩肌が露出しています。でもそれがまた、良い景色なんですよ。

いままで東北ってあんまり来てなかったけど、すんごい景色です。最高です。特に、ワインディングが良い感じで、「ああ、このクルマで走っている自分を『カーグラTV』調に撮影して、自分で見てみたい」という思いが湧き上がってきます。

浄土平の有料駐車場で一休み。これから吾妻小富士に登ります。↓の写真の奥の登山道から登ります。

Azumakofuji318

吾妻小富士頂上からの眺めは素晴らしいです。

400年前に噴火したらしい火口は迫力ものです。すっげぇところに道通しましたなぁ。

昔は山伏が山岳信仰のために訪れたそうです。つまり、一般人が来るような所では無かったんですね。

Michi100

吾妻小富士から、今来た道を撮影。

なんか、テレビで見たヨーロッパの山岳道路みたい。さすが標高1600m。

日本の道100選に選ばれているとのこと。

初夏にまた来たいなぁ。

|

« デザイン変更の為在庫処分 | トップページ | 磐梯吾妻レークライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129804/12549013

この記事へのトラックバック一覧です: 磐梯吾妻スカイライン:

« デザイン変更の為在庫処分 | トップページ | 磐梯吾妻レークライン »