« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

レプリカント

Evo6 

たぶん、ですけど、

三菱ランサーエヴォリューションⅥ 2000年の WRC第12戦 サンレモ T.マキネン車の仕様ですよね。しかも、夜間SS仕様なのかなぁ。

もう、ばっちり決まってますね。今はカッティングシートでなんでも作ってくれるから昔よりはお手軽に出来るのでしょうかね。

私もアプリリアで原田仕様とか、ポッジャーリの白い仕様とか作ってみた~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

宝塚当選!

宝塚当選!

宝塚当選!

NTTフレッツの懸賞で当たっちゃいましたっ!

やっぱ、三井住友VISAの奴と違って、招待ですからねぇ、嬉しさもひとしお!

いやー、継続は・・っですよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

八王子いちょうまつりクラシックカーパレード

Classic1_1 Vette1_1 Vette2_1 Lotus_1 Jaguar_1 Kani1_1 Ds Vette3

ことしも勢いで見に行きました。家を出るときは降っていなかったのですが、パレードが始まる頃には、冷たい雨が・・・
そして、参加車両の中にはオープンカーなどの走行できない車が出てきてしまって、台数もグッと減ってしまいました。
それでも、沢山のクラッシックカー、ビンテージカーが走行しましたよ。

しかし、寒い。寒すぎる。雨は降っているし、車両にとっても過酷なパレードとなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

ジープ ウイリスMB 海軍仕様 1942年式

Jeep1
ジープ ウイリス MB 海軍仕様 1942年式
です。タイヤ入れ替え時に、タイヤショップにいらっしゃっていたので、お願いして写真を撮らせたいただきました。色といい、幌のデザインといい良い雰囲気ですなぁ。

Jeep2
稀少オリジナルのエンジンです。ジムニーや三菱製に載せ替えられている場合も多いそうです。
Jeep3
Jeep4
オリーブグリーンの仕様はよく見ますが、海軍仕様とのことでとってもさわやかに仕上げられていて、普段着でもオシャレに乗ることが出来そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬仕度2006

冬仕度2006

冬仕度2006

と、言うことで、
スタッドレスに交換です。
タイヤ屋さんのスペースを借りて夏タイヤ洗浄の後しまいました。まもなく冬ですなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルピナB6があればワタシだって飲まずに帰る。

B6
中華居酒屋で旨いオイスター炒めを肴にビールを飲んで帰ってきたのですが、

「おぉ~BMW。しかも6しりーずだ。」とか思ってたら、「ん?ホィールがアルピナ・・・ありゃりゃ。こりゃB6!」

ってことで携帯を取り出して撮影。

オーナーさんと目が合ってしまいました(^_^;)恥ずかしい。

車両本体価格で1995万円もする(値段の事を言うのは無粋ですな)このクルマ。

所有していたなら、飲まずに帰ってドライブでしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

ほほぉ~うLS460

Ls_1

本日朝、初めて見ました。レクサスLS460。

おぉぉっ!これがぁ~

って感じでしたが、本日帰宅するまでに実に3台ものLS460を目撃。

最後は黒いLS460。

写真を撮ったあと、このLSの前に停まっているクルマがセルシオだった事に気づき、

「ちっ、惜しい。」と舌打ちしたんですが、じっくり新旧の印象の違いを感じました。

こりゃぁ、セルシオオーナーはすぐに買い換えの検討するでしょうな。

写真で見るのと、実物を見るのとでは印象が全然違います。

なんというか、セルシオが古くさく見える感じ。こりゃぁセルシオの中古相場暴落必至ですな。セルシオが欲しい人は春まで待った方がいいでしょう。

当然買える車では無いですが、う~ん、個人的にはLS460の方が好みかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

Will Vi

Will

これも久々。Will Vi

このシリーズ、まぁまぁ良いですよね。別に家電とかのラインナップはいらないとは思いますが・・・

この、横からのスタイルが結構いいなぁと思ったりします。でも後ろの席の人は大変そうですけど。ガラスが近くて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

エアロデッキ

Aerode_1

久々に見ました。もうすっかり絶滅危惧種ですね。

アコードエアロデッキ

昔知り合いが乗っていました。

つくづく、この頃のホンダってモダンテイストですなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

磐梯山ゴールドライン

Bandaisan

前の宿から、持参したPCで、格安宿泊サイトにアクセス。そして次の宿を予約し、小野川湖近くのペンションで1泊。グランデコが最寄りのこのペンション。冬はスキー客でにぎわうみたいです。

Yuuhan1 Yuuhan2

↑夕飯はこんな感じで、ボリューム満点。ああ、旅行は何時だって食べ過ぎ。

最近のペンションは設備がいいですなぁ。私が学生のころのペンションのイメージだと子供だましでしたが、今は料理もおいしいし、初めて泊まったので。なれなれしくしないで適度な距離も取ってくれるので、ホントに居心地が良かった。

朝になって、今日は祝日なので、ちったー混雑するんだろうと思っていましたが、朝のズームインで、交通情報を聞いてびっくり。朝7時の状態で、中央道元八王子バス停から20数キロ渋滞とな・・・。いったい何時に家出てるんだ??この人達。しかも早く出ても渋滞かぁ。そして東北道は宇都宮で日光に向かうクルマで大渋滞。たまたま休みが取れたので私たちはゆっくり過ごしているけど、あれにはまっていたと考えるだけで恐ろしいです。

で、ゆっくり朝食をとってチェックアウト。

檜原湖から、磐梯山方面へ。

快晴です。

まだ時間も早く、ワインディング独り占め状態です。

写真後方に映る山が磐梯山。

318iクンもなかなか走るでは無いか。つくづく運転していて楽しいクルマですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

磐梯吾妻レークライン

5shiki_1

磐梯吾妻スカイラインを抜け、磐梯吾妻レークラインに。

文字通り、秋元湖、小野川湖、檜原湖を抜ける道です。

途中、五色沼に立ち寄りました。じつは、知らなかったのですが、

吾妻小富士の近くにあるのが五色沼だと思っていたのですが、こっちにもあるんですね。

ただ、こちらのは毘沙門沼を始め、大小数十の沼があってコレを総称して五色沼と言うらしい。

(-_-;)ヤヤコシイ。

ココまで来ると観光客が多く(と言っても平日なので少ない)、観光バスが多数。

特に中国からの観光客が多かったかな。

写真は毘沙門沼なんですが、水中の生物や鉱物の粒子、光の屈折などの要素が合わさり色々な色になるとのことです。

近くにはスキー場も多く、有名なグランデコ、裏磐梯猫魔スキー場などが。昔、猫魔には行ったことがあるなぁ。スゲーな、昔のオレ。今冬に行けって言われても遠いから断るよきっと(^^;)

せっかくなので、グランデコを冷やかしに。

途中、小野川湖で美しい夕暮れに遭遇。あああ・・・・良い旅だ。

Onoyuugure

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐梯吾妻スカイライン

Yama
Kouyou318

宿を出て、福島飯坂IC近くのフルーツライン(果樹園が沿道に多数)を通過。

高湯温泉を抜けて

磐梯吾妻スカイラインへ。

紅葉も終わりかけかと思いましたが、まだまだ美しい・・・ふぃーー。

途中路肩に停め、紅葉を堪能。さすが平日だけあって、クルマも滅多にすれ違いません。まさに貸し切り状態。

Jyoudodaira318

つばくろ谷を通過、天狗の庭付近です。活火山帯なんでしょうか、火山性ガスが出ているので注意っていう警告もある地帯があったりします。ここまで高地来ると、もう、かなり寒いので紅葉はありません。草木もまばらで、火山による影響と見られる岩肌が露出しています。でもそれがまた、良い景色なんですよ。

いままで東北ってあんまり来てなかったけど、すんごい景色です。最高です。特に、ワインディングが良い感じで、「ああ、このクルマで走っている自分を『カーグラTV』調に撮影して、自分で見てみたい」という思いが湧き上がってきます。

浄土平の有料駐車場で一休み。これから吾妻小富士に登ります。↓の写真の奥の登山道から登ります。

Azumakofuji318

吾妻小富士頂上からの眺めは素晴らしいです。

400年前に噴火したらしい火口は迫力ものです。すっげぇところに道通しましたなぁ。

昔は山伏が山岳信仰のために訪れたそうです。つまり、一般人が来るような所では無かったんですね。

Michi100

吾妻小富士から、今来た道を撮影。

なんか、テレビで見たヨーロッパの山岳道路みたい。さすが標高1600m。

日本の道100選に選ばれているとのこと。

初夏にまた来たいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »