« 高級車も堪能 | トップページ | 小さなBIKEの大きなお祭りDE耐の練習 »

2006年3月12日 (日)

バルブトロニックトラブル

たま~にエンジン始動して2分後くらいにブルブルブルっとすることがあって、気になっていたんだけど1年点検で「コンピューターに残っていない。何ともない」と言われたので「まぁそんなもんか」と思っていた。が、温間時も同じ症状がでることが数回あったので出してみた。平日使わないので、日曜日に置きに行って、今日引き取りの1週間入院。じっくり調べてもらった。月曜日に早速電話があって詳しく症状を話した。で、金曜日に治ったと電話があった。
 結局、

故障診断:No,4シリンダーの中間レバーとロッカーアームの不具合により部品交換実施。

BMW診断システムディフェクトメモリーコール 4
中間レバー脱着/交換  43
DMEデータスティタスプログラミング 4
ガスケット  1
ローラー ドラッグ レバー 2B 1
フランジ G/K 1
インターミディエイトレバー “3” 2

以上、サービスフリーウェィにて無償修理。

で、サービスの前でエンジン始動。ちょっと暖まるのを待ってその場で軽くブリッフィング。前より全然良い。前はもたつきがあった。なんだ、元々悪かったんじゃないの~?ってぐらい。心なしか走行フィーリングも変わったような気がするけど。変わっただけで良くなったかどうかはわからん。けど、Nでアクセルを煽ったときの回転の上昇は全然改善された。
これでちょっと様子を見てみるか。
で、先週せっかくディーラーに寄ったので発注しておいた、我が318iのボディカラー エストリルブルーのpaintタッチアップペイント  335 estorilblau met. が入荷していた。飛び石にでも備えますか。

相変わらずディーラーの対応は良い。安心、安心。

|

« 高級車も堪能 | トップページ | 小さなBIKEの大きなお祭りDE耐の練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129804/9055918

この記事へのトラックバック一覧です: バルブトロニックトラブル:

« 高級車も堪能 | トップページ | 小さなBIKEの大きなお祭りDE耐の練習 »