« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月26日 (日)

ホィール洗い狂の唄

kireiはぃ。我が BMW 318I M Spors individual limited (長い名前だし、どうだ!的で恥ずかしいです。)に、お得な装備として装着されている Mダブルスポーク135です。18インチでフロント225リヤ255という無駄な極太です。これがまた、洗いにくい。さらに318なもんで、ブレーキローターが小さくリムの奥の奥まで丸見えです。これも格好良さとの引き替えなのか(-_-;)
私的には、輸入車でブレーキダストで真っ黒なホィールをぶら下げて走ってるのを見ると悲しくなります。よって掃除、掃除!

spon ここで登場するのが100円ショップで買った、グラス洗い用取って付きスポンジ!取っ手が伸縮タイプで使いやすいのがポイント。これと、石けん大にカットしたスポンジと純正ホィール用洗剤で行います。

どうしてそこまでの事になってしまうと言うと、構造上スポークがダブルになっているのでスポークとスポークの間が汚いと目立つのです。で、そこを洗うと、スポークの裏側が汚いのが気になる。そして前述ですが、リムの奥も丸見えなのでそこも気になるのです。

スポークとスポークの間はカットしたスポンジで。
リムの奥はこの取って付きスポンジでゴシゴシ。リムの奥の部分は素手で挑むとディスクのカバーで手の甲がブサブサになるので、これが重宝します。

まぁこんなことやったって、しばらく走るとまた汚れるのですが、シーズン終了時にワックス(これがまた時間がかかる)をかけると、汚れも落ちやすいッスよ。

M135で、完成。はぁ~綺麗。でもこんなことやったってねぇ。と思いながら定期的にゴシゴシな日々です。
 ヨメちゃんにはこの一連の行為を「病的に洗車している」と表現されています(-_-;)  ちがうのに・・ちがうんですよ。すべてはブレーキダストがわるいのです。奥まで丸見えのリムがわるいんです。洗車マニアじゃないんです。汚いのがイヤなだけなんです。

 ま、ダストは低ダストパッドに交換すればいいのですが、SFW適用中なのでまだまだこれで行きます。
 結局、格好良さ優先なのでホィールを変えるつもりはありませんけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キーレスエントリー動作不良

去年症状があった我が E46 318i のキーレスエントリー動作不良がもう一回ありました。それも、前回と同じ場所で。驚きました。しかも本当に同じ場所なんです。年次点検の時に申告したのですが、症状は残っていなかったそうです。
 ホームセンターの屋上駐車場で、前回とほぼ同じ場所に止めました。
「ドムッ!」ドアを閉めて、
キーのBMWマークを「ポチっとな」
「??閉まらん。」
「ポチっとな」
「?????ダメだ~。またか。」結局、「?」のままキーで回して閉めました。
 で、帰ってきて助手席後ろ側から念のため、ロック解除ボタンを「ポチっとな」
「やっぱ、開かないかぁ」
「もいっかい」
「ガショッ!」「っおお!開いた」

 で、良く晴れたすがすがしい青空を見上げた。そしたら、近隣に巨大なアンテナ塔があるではないですか。ナビで確認すると、NTT交換電話局とある。
 自己診断ですが、おそらくその塔から出ている電波かなんかが影響したと思います。電波式キーレスエントリーなんで、もし妨げるなら同じく電波かなと。もちろん、この場所以外ではこの症状は全くなく、再現したのもこの場所とくればほぼ間違いないでしょう。
 ま、なんとなく原因がわかって良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

久々に目撃

a112f a112r 年式が年式だけに、最近見なくなったなぁ。アウトビアンキA112。黄色は初めて見たような気がします。友達のは紺色だったな。
小さいながらも、オシャレなデザインだと思います。今でも十分カッコイイ。旧ミニかこれかって言われたら悩むなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

衣替え完了

ff というわけで、予告通り夏タイヤに履き替え完了。しかし、このホィール重い( >Д<;)オモー そして太い。
走り出して、やっぱりその太さ実感。ハンドルの重さも変化して、路面からのアナウンスも体に良く伝わるね。格好はグッと良くなるけど。ショウウィンドウに映る自分の車を見て「ホィール大きいなぁ。」と呟くぐらい、見た目に変化あります。
で、スタッドレスは丹念に洗ってワックスがけして来シーズンに備えて休養してもらいましたとさ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

色気満載

6ser どうも6シリーズが気になるようで、見かけると反応してしまう。う~ん格好いい。その他にもこんなのとか。fe フェラーリー様です。あと、レンジローバーとか、大型ベンツとか相変わらず都会はゴージャスです。珍しいと言えば、ここから脱出するときに入ってきた三菱ランサーエボワゴンもなかなか珍しいとおもうけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

チェリカ

GTTR1 セリカってヨーロッパ圏の人は読めなくてチェリカって読むんだって何かで聞きました。今日同僚(例のR33の人)から偶然「ほら!」って見せて貰ったのがこの写真。セリカGT-TRです。84年とかその辺りでしょうか。
同僚曰く「これなー、すっげぇ速くってさ。当時ツインカムにターボなんて無かったから凄かったんだよ。同じエンジンでカリーナもあってさ~。」と息が荒かったです。
今となっては滅多に見ない車種でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

BMW MOTO

hata_ BMWモーターサイクルもレースに参加しているので、張り切って展示中です。

bmw_ BMWのなんか凄いマシンです。スリックタイヤだなぁ。なんだろ。ちゃんと聞いておけば良かったな。

bmwgyaku_ bmwmae_ 追記:M小林さまのコメントを受けて追記します。(M小林さま感謝ですm(_ _)m)これは、ヨーロッパ開催のMotoGPで併催されているパワーカップに出場しているBMW 1200Rだそうです。で、写真のこのマシンは鈴鹿8耐に参戦することになったBMWマシンで、今年はこのBMWで戸田 隆選手+斉藤栄治選手のコンビで挑むそうですよ!なるほど、8耐だと言われてみれば、スリックタイヤ、前照灯の謎も解けますね。PIAAカラーもカッコイイですね。応援しなきゃ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月18日 (土)

後ろ姿は大事

SN260064 某高速道路で捕獲。シトロエン C5です。最近勢力を伸ばしつつあるプジョーに比べ、伸び悩んでいる感は否めません。
で、このフラッグシップサルーンC5。全体的なフォルムは目をつぶっても、この後ろ姿。テールランプの光りかたを含めて何とも、こうフラッグシップ感が薄いです。せっかくのフラッグシップモデルこういう点もなんとか上手く処理して欲しいものです。
 シトロエンってネーミングも、・・クソとかクサ・・とかいまいちな物が多かったような・・・。
 以前はエグザンティア、XM、BX、DS。どれもおフランスっぽい魅力にあふれていたはずです。頑張れシトロエン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

TRAD SUNNY

SN260017 6代目 (B12系) 1987年~ のサニーです。街中でふと目をやるとそこに居ました。悩み始めていたころの日産らしく、今の生き返りぶりがウソのような地味さがあります。Aピラーから伸びるアンテナも良い味を出しています。色も白で地味さを加速させています。
しかし、この時代のクルマを見なくなった今では、「おっ!」っと思う対象になるのですなぁ。昔学生の頃、バイト先の友達がなぜか中古で入手して乗っていました。峠で後ろから見ていると、純正のタイヤを歪ませながら走っていく姿を覚えています。たしかエレガントサルーンというエレガントな名前のグレードだった事を覚えています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

クーパーS

SN290011 先日、サービスに行ったときに隣に居たMINI クーパーSです。結構カッコイイなぁと思い写真を撮ってしまいました。ドアにステッカーを貼ったりしてレーサーっぽくするのもカワイイですなぁ。でも、出来ればMINIに関係するステッカーの方が良いと思いますけど。しかし雰囲気も大事ですからオーナーさんの好みでOKとも思います。
サービスの方がこの位置に停車するとき気づいたのですが、電動パワステなんですね。「ニィ~ニィ~」って音がしていました。フィーリングとかどうなんでしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

レアケース

SN260071 昨日の同じピットで走行していたチームのホンダAPE100(まぁ100以上にはなっていますが)です。走行不能で戻ってきたと思ったら、凄いトラブルです。なんと、シリンダーが割れています。アフターマーケットのパーツで組まれていますが、まさかこういうトラブルがあるとは・・・驚きです。写真でスリットのようになっている部分が割れている部分。む~レース中では無かったのが不幸中の幸い・・なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

小さなBIKEの大きなお祭りDE耐の練習

本日は仕事を休んで、ツインリンクもてぎに来ちゃいました。目的はDE耐公開練習です。
bri 7時受付なので超早起きして6:30に南ゲートにつきました。まー、月曜日だっつーのにこんなに人がいます(ブリーフィングの風景です)。

で、今回の乗車マシンはこちら。xr100 ホンダXR100モタードです。なかなかカワイイ奴です。gyoure コースイン風景ですが、台数が台数なのでこうなります。コース上は私のような遅組もいますが、超ハイチューンでエキスパートなライダー達もいて、倍は排気量があるのでは!?と思ってしまうほどズギュンと抜かれてしまうことも。

まぁそれはそれで速い人には上手に抜いてもらうことにして、自分なりに走りました。
バイクは楽しいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

バルブトロニックトラブル

たま~にエンジン始動して2分後くらいにブルブルブルっとすることがあって、気になっていたんだけど1年点検で「コンピューターに残っていない。何ともない」と言われたので「まぁそんなもんか」と思っていた。が、温間時も同じ症状がでることが数回あったので出してみた。平日使わないので、日曜日に置きに行って、今日引き取りの1週間入院。じっくり調べてもらった。月曜日に早速電話があって詳しく症状を話した。で、金曜日に治ったと電話があった。
 結局、

故障診断:No,4シリンダーの中間レバーとロッカーアームの不具合により部品交換実施。

BMW診断システムディフェクトメモリーコール 4
中間レバー脱着/交換  43
DMEデータスティタスプログラミング 4
ガスケット  1
ローラー ドラッグ レバー 2B 1
フランジ G/K 1
インターミディエイトレバー “3” 2

以上、サービスフリーウェィにて無償修理。

で、サービスの前でエンジン始動。ちょっと暖まるのを待ってその場で軽くブリッフィング。前より全然良い。前はもたつきがあった。なんだ、元々悪かったんじゃないの~?ってぐらい。心なしか走行フィーリングも変わったような気がするけど。変わっただけで良くなったかどうかはわからん。けど、Nでアクセルを煽ったときの回転の上昇は全然改善された。
これでちょっと様子を見てみるか。
で、先週せっかくディーラーに寄ったので発注しておいた、我が318iのボディカラー エストリルブルーのpaintタッチアップペイント  335 estorilblau met. が入荷していた。飛び石にでも備えますか。

相変わらずディーラーの対応は良い。安心、安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高級車も堪能

aston 恵比寿界隈で見たクルマ達です。アストンマーチンの何かのオープンモデル。2千万くらいするんでしょう?すっげー。ホテル駐車場は高級車で溢れかえってました。最新ポルシェターボ、ランボルギーニー(ガヤルド、ムルシェラゴか判らない・・・)が3台。新旧ベントレー、各種高級ベンツ、BMW、各種アルファロメオ、遠目でよくわからないが黄色のフェラーリー。
まぁ誰も気が付いていなかったけど、駅前でプジョー205ターボを目撃した。超レア車だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

愛~それは~♪

pster 今日は、年季が入った筋金入り宝塚ファンのヨメちゃんに強制的に連れられて、日比谷まで宝塚歌劇団による ベルサイユのばら を観に行きました。え~っと、星組っていうグループが担当なのね。さっき知りました。(^-^;

場内は前に行った劇団四季によるCATSと共通点がありそうな雰囲気に包まれています。や~、すごいね。だって客の方がずーっと、宝塚歴が長そうなんだもん。こりゃ審査会場って感じ。皆さん真剣です。咳一つ聞こえてきません。さらに、休憩時間以外は一人たりとも中座する人は居ませんでした。

劇自体は結構練習を積んでいるんでしょうね、ノーミス(当たり前だそうです)です。完璧。古くささは隠せませんが、女性の皆様が入れ込む要素は満載だと思いますよ。カッコイイし美人だし、歌あり、踊りあり、笑いあり、涙あり。

今回気に入ったキャラを挙げろと、ヨメちゃんに言われたのですが、「メルシー伯爵」と答えておきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

好きそうな仕様だったので。

35-2 トヨタのお膝元名古屋にも結構日産車など他メーカーが走っています。これは中京地区名物喫茶店にて捕獲。まぁ私好みでもあるのですが、R33GTS-tタイプMに乗る同僚好みかなと。R34ターボの4ドアにフロントはGTRを移植。キャリパーはブレンボ、大径ホィールと極太マフラーなどで武装されています。リヤのGTRエンブレムはご愛敬・・・ですかね。やっぱリヤウイング等は無し仕様のほうがすっきりとしていいですね。

 肝心の喫茶店ですが、コーヒーを頼むと自動的にお茶請けが付いてくることが定番になっているようで、ここはかっぱえびせん一つまみと小ぶりのドーナツ一個付いていました。当然朝はモーニングセット、昼は安くてお得なランチセットとなっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

トヨタのMUSIC PLAYER

bB もう、街でもチラホラ見かけるようになりました。2台目bBです。コメントしがたいデザインというか、このようなデザインの物が工場からドンドン出荷される世の中に驚きます。
トヨタによると、

どこへ行くにも、音と光と。そうすれば、お気に入りの世界が手に入る。
自分だけの空間に、心地よいバイブを浸透させて、もり上がったり、まったりしたり。したいときに、したいことを、遊ぶ。ミュージックプレーヤーbB。それは、アタラシイ感覚を刺激する。

とのことですよ。で、チーフエンジニアによると

若者の嗜好や流行は常に移り変わっています。そこでまず、最近の若者文化とクルマとの関わりを調査したところ、「クルマはちょい乗りがメイン!いつも良い音に囲まれて暮らしたい!」という考え方を多くの若者が抱いているということが分かりました。すなわち若者たちにとって音楽は絶対に日常と切り離すことができない存在であり、彼ら、彼女たちにはファッション同様、格好良さを主張するものとして認知されていたのです。

とまぁ、このクルマ自体がカッコイイか格好悪いかは別としてもクルマをまとめるチーフエンジニアという人がここまでの事を言ってしまっている事実。こういうコンセプトで物が作られるというトヨタ。自ら新しい提案をしなくなり、市場調査だけで物を作ってしまうという恐ろしさ。これって、トヨタがもはやクルマを捨てていると言っても過言でないのでは?ミュージックプレーヤーbBと名乗っているし、これクルマじゃないんだろうな・・・・・だとしたらi-podみたいな誰もが欲しくなるようなデザインも考えて欲しかったけど。
 まぁ、百歩譲ってもさ、こういうスタイルの物って、吊しの状態から自分なりに変えていくところに不良っぽさがあるのに工場出荷時からこれですか。いやはや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

ホットハッチ!

altof altotwin スズキアルト12SRです。1986年発表・・でしたっけ?4バルブ3気筒でアルトワークスのご先祖様に当たるクルマです。お得意先近くの自動車修理工場の脇にいつも置いてあります。きっと自動車修理工場の方の持ち物なんでしょう。観察したところ、外装は当時からの物をピカピカに維持してある感じです。光り輝いてますっ。きっと機関も完璧整備なんでしょうな。こうして大事に維持されていく事が少ない軽自動車なので、かなり良い雰囲気出ています。当時よく見たリアウインドウのケンウッドのステッカーとかが懐かしい感じがします。オーナーの愛が感じられる一台です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 3日 (金)

連続目撃

7 仕事中に捕獲。BMW850iです。たしかこれ1500万円ですよね。ごくたまに都内で見ますが、なかなか走っていないと思います。全体的なフォルムは低くて幅広いちょっと特別なデザインですね。フロント周りからドアにかけてのフォルムが結構カッコイイと思います。V型12気筒5リッターエンジンもかなり興味深いです。
信号待ちで「珍しいなぁ・・・」とつぶやいたのですが、数百メートル先の信号待ちで向かい側からエンジ色の850iが走ってきたときは「おおおお!」と驚きました。ここいらでは850iが多いのか????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »