« まだまだ気になるねぇ | トップページ | 元09氏のシンガポールクルマ事情路上編 »

2005年12月17日 (土)

元09氏のシンガポールクルマ事情スバル編

元09氏が先日シンガポールにてレポート。むーなかなか興味深いッス。

以下元09氏のレポートです。

シンガポールでは走っている車の6割が日本車。ドイツ製高級車の割合が日本よりも高いように見受けられます。また、日本では見かけることの少ない韓国車が走っています。路線バスはサーブ系の会社のもののようです。
シンガポールではスバル車を見かける機会が少ないのですが、スバルの販売店を発見したので立ち寄り、カタログをもらってきました。
lega1 lega2
lega3 lega4 販売員に日本から来た旨を話すと、「シンガポールにはショールームよりいいスポットがあるのに」と笑われましたが、「ここが一番のスポットだ!」と言い返してやりました。日本と違うのは店がほぼオープンエアになっており、展示車が多い。車を見ていても、どこぞの国のようにすぐ販売員が寄ってきません。訪問時、何組かが車を見ており、真剣に説明を受けていました。kariimp
車自体は日本仕様とほぼ同じ。インプレッサのリヤがちょっと違います。singimp
また、車台番号が長い!longvin コーションプレート最上段がそれです。日本仕様では「BP5-123456」だけなんですけどね。初代レガシィはリヤナンバーが真ん中にのさばっています。1stlega

懐かしのジャスティも!justy

|

« まだまだ気になるねぇ | トップページ | 元09氏のシンガポールクルマ事情路上編 »

コメント

>「シンガポールにはショールームよりいいスポットがあるのに」と笑われましたが
そりゃ笑われるでしょう(笑)
スバルは海外向けも日本向けもたいして変更なく売っているんだねぇ。ジャスティとかデザインとか内容とか古さは隠せないけど、販売的にどうなんだろうか。

投稿: スノモノ | 2005年12月17日 (土) 11:30

さすがにジャスティはこの一台だけでした。販売当時の台数は知る由もありませんが、少なくとも大ヒットというものではなかったと推察されます。
彼の地で見かけるスバル車はGF,GGというインプレッサセダン、SF,SGのフォレスター。BE,BPのレガシィセダンの順です。「遺産」が少ないのはなぜでしょうかね。

投稿: | 2005年12月18日 (日) 00:27

シンガポールレポート興味深く拝見しました。
彼の地も右ハンドルなんですね。
軽自動車は販売していないのでしょうか?
ジャスティは、ごく身近で見かけるものと、状態が雲泥の差なので新車かと思ってしまいました。色もいいな。

投稿: debopacer | 2005年12月19日 (月) 06:28

▽debopacerさん
ホント、ジャスティとか日本ではもうなかなか見ないですね。色も良い感じだし、未塗装のバンパーも良いッスね。

投稿: スノモノ | 2005年12月19日 (月) 08:59

>>debopacerさん
稚拙な文で、失礼しました。アジアでは結構右ハンドル多いですよ。左は中国、韓国、台湾。他にあるのかもしれませんが、未調査です。珍しいところではドミンゴ、ヴィヴィオがいました。走行中のため撮影はできませんでしたが・・・。私の好きなSVXはありませんでした。
ジャスティはヨーロッパ方面ではスズキカルタスのOEM、スイフト名で売られていたような。間違っていたらごめんなさい。

投稿: 元09 | 2005年12月19日 (月) 18:00

>>元09さん
他のレポートもとても楽しませていただきました。
やはり軽もいるんですね。SVX彼の地だとかなりの高級車になってしまうんでしょうね。

投稿: debopacer | 2005年12月21日 (水) 05:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129804/7660034

この記事へのトラックバック一覧です: 元09氏のシンガポールクルマ事情スバル編:

« まだまだ気になるねぇ | トップページ | 元09氏のシンガポールクルマ事情路上編 »